知ってますか?介護サービスを受けるまでの流れ

介護申請の仕方について

高齢者で身体が不自由な人、病気や怪我で動けない人、突然の事故や病気などで、身体や精神に障害ができてしまった人など、介護を必要とする人は、まずお住まいの地域の役所に申請をしましょう。申請の仕方は、本人や家族が直接行うか、居宅介護支援事業者、介護保険施設などが代行して行う事も可能です。申請書には、主治医の情報を記入する欄がありますので、掛かり付けの医者がいる場合は、事前に確認しておく事が必要でしょう。

申請後~介護認定調査まで

申請をしたら、認定調査となります。まず、役所の担当職員が自宅を訪問し、身体や心の状態、生活状況、家族や住まい環境などを詳しく調査しますので、本人や家族は、出来るだけ細かく正確に伝えるようにしましょう。同時に、主治医の意見書が必要になります。職員の調査と、主治医の意見書が作成されたら、一次判定として、コンピューターに入力し判定をします。次に、二次判定として、認定審査会が開かれ、医療、福祉、保険の専門家が集まってこれまでの調査や意見書を元に審査を行います。

結果の通知~介護サービス利用まで

二次判定が終わり、結果の通知が届くまでに約1ヶ月かかり、それ以上かかる場合は、別途延期通知が送られます。認定結果で介護サービスを受けられるのは、要介護1~5の人です。数字が大きい程、介護を必要とするレベルが高い事を表し、利用限度額も異なります。また、要支援1と2に認定された人は、介護予防サービスを利用する事が出来ます。いずれも該当となった人は、本人や家族の希望に合わせたサービスを受けられるように、ケアマネージャーとの綿密な打ち合わせをする事が大切ですよ。

無資格でも介護に就職が可能となっており、仕事をしながら介護職員初任者研修資格を取れる職場もあります。

Category: 未分類

- 2015年5月26日