コンビニバイトを選ぶ理由とメリット、デメリット

コンビニエンスストアのバイト

多くの人が利用し、よくお世話になるコンビニエンスストア、家の近くにある場合が多く、少し欲しい物だけなら役に立つお店です。家から近い所にあるのが理由で近所の人などがアルバイトをよくしていますよね。それほどコンビニとバイトというのは身近であり人気なアルバイトの一つです。店内にもよくアルバイトの募集チラシが貼ってあったりしますよね、新しく始めるならコンビニという人も多いと思ういますが、そこにはメリットとデメリットがあります。

コンビニバイトのデメリット

初めてアルバイトをする人がコンビニを選ぶとき、一番気にするにはデメリットです。ここで働いて何か経験になるのかとかいろいろとマイナス面を考えてしまいます。実質コンビニは覚えることが多く、タバコの品種や宅急便、品出し、そして一番が接客です。知らないことが多い中で覚えることが多すぎてすぐに辞めてしまう人もいます。しかしそうネガティブに考える必要はありません。誰でもはじめは分からないことだらけですよね、続けるということは大切なことです!

コンビニバイトのメリット、嬉しいこと!

しかしマイナス面ばかりではありません、コンビニバイトを通じて対人関係がうまくできるようになったり、接客を通じてコミュニケーション能力が養います。また店舗が小さい所が多いため、品物の数もそこまで多くなく、発注や品出しなどはじめてやるには、大型店舗に比べて少し楽な部分があります。またレジ打ちなどこれから人生で経験しないようなこともコンビニを通じてできます。もしはじめてアルバイトをしてみたいという人がいたら、コンビニという選択もいいでしょう。

コンビニのバイトは会計などの接客のみならず、品出しや簡単な調理や慣れてくれば発注など多岐に渡ります。お客様の要望も多々あり、その都度違うためテキパキとした応対力が求められるバイトです。これらの作業をほとんど一人でこなす場合が多いために、機敏さや臨機応変さが身に付き今後の人生にとってよい経験になるのがコンビニでバイトをするメリットです。

Category: 未分類

- 2015年4月26日